鹿屋市祓川の「棒踊り」

鹿屋市祓川の伝統行事「棒踊り」
鹿屋市祓川の伝統行事「棒踊り」が桜満開の下で勇壮に繰り広げられた。はじめに瀬戸山神社に五穀豊穣・無病息災を祈願して棒踊りが奉納され、その後、近くの公園広場で上祓川、祓川、下祓川の順に踊りの披露があり、最後は全体で踊りの競演が行われ、祭りは最高に盛り上がった。白装束に赤や黄色の色鮮やかな帯やたすきがけに白はちまきの出で立ちで威勢のいいかけ声ともに踊る姿は勇壮だった。昼は桜の下で花見も行われ、地区民の交流の場にもなっていた。


_______________________________________


鹿屋市祓川の棒踊り

鹿屋市山宮神社春祭り

山宮神社(鹿屋市串良町)の春祭りは、五穀豊じょうと家内安全を祈願して行われ、約400年の歴史を持つ伝統行事だ。山宮神社春祭りに伴う芸能は、「正月踊り(棒おどり)、鉤引き、田打」から成り、昭和37年10月24日鹿児島県指定無形民俗文化財に指定されている。起源には諸説があり、薩摩軍の文禄、慶長の役に際し兵士の士気を鼓舞するため、もしくは風俗刷新のため奨励されたものといわれており、約400年前から伝えられた行事である。内容は神事のあと堂園、馬掛、生栗須集落の棒踊りが奉納される。歌い手は踊り子の後ろにタカビとともに、後山として付き椎木の枝を立て回しながら歌うのが特徴である。


堂園集落の棒踊り


馬掛集落の棒踊り


生栗須集落の棒踊り
_______________________________________


馬掛集落棒踊りの動画

____________________

かぎ引き

  • <→pcサイトで読むくたかくまふれあいの森>>
  • 串良二十三や市2013

    江戸時代から続く伝統市「くしら二十三や市」
    大隅地区新春恒例のくしら名物「くしら二十三や市(にじゅうさんやいち)」は、地元の特産品や陶器、刃物、農具、竹細工等の生活実用品のほか、日用雑貨、地元特産品など県内外から約300店舗が軒を並べる。市は江戸時代後期の天保年間から旧暦の12月23日に正月用品の物々交換の場として始まった。戦後一時途絶えた時期があったが1952年(昭和27年)に復活。毎年1月末に開催され、春の訪れを告げる大隅路の風物詩となっている。特に、植木市や陶器市は昔ながらの人気があり、二十三や市の名物だ。二十三や市では剣道大会や音楽パレード、太鼓の演奏、歌謡ショー等、多彩な催しが市を盛り上げる。2013/01/26更新



    江戸時代からの長い歴史と伝統を持つ串良の二十三や市は、木市や地元の特産品、陶器、刃物、農具、竹細工等の店舗等、県内外から約300の露店が並び、たくさんの人出で賑わう。


    沿道木市の草花が南国の一足早い春の訪れを感じさせてくれた。


    二十三や市の植木・苗木を求めて来る人が多い。


    陶器や農具、刃物市は昔ながらの二十三や市風景だ。


    手作りの竹細工製品や安くて実用的な製品を求めて訪れる人が多い。


    地元特産品コーナーでは地元で獲れた魚や大根の漬け物等の試食があり、人気を集めていた。


    舞台では太鼓、踊り、歌謡ショー、カンパチ解体ショー等が
    開かれ、賑わっていた。

    御崎祭り

    南大隅町御崎祭り
    日本の春を告げる九州最南端の奇祭、これが鹿児島県南大隅町佐多の御崎神社にまつわる「御崎祭り」だ。佐多岬近くにある御崎神社は708年(和銅元)の創建というから1300余年の長い歴史を持つ。祭りは、浜下りで七つの集落・七浦を巡る巡幸で御崎神社の妹神が神興に乗って、20余km離れた郡の近津宮神社にいる「姉宮」に新年の挨拶に行き、その日は会えず、近津宮神社の仮宮で一晩過ごし、翌日会うという物語で大絵巻が展開される。浜下りで立ち寄った各集落では祭事が行われ、各集落の安全、無病息災、豊漁が祈願される。二日目は近津宮神社で打植祭り、神舞が奉納される。2005年4月に鹿児島県の無形民俗文化財に指定。

    浜下り・ご巡幸風景。地区住民が巡行を迎え入れて接待し、祭事で各集落の安全、無病息災、豊漁を祈願する。先祓いとして御輿の前に鉾が先導し、儀式では鉾と傘は除々に前に倒し、できるだけ地面近くまで下げ、邪気を祓うのだという。

    ご巡幸の難所「坂元のどんひら坂下り」風景。七つの集落・七浦へはそれぞれ車で移動するが郡へ向かう最後のコースの坂元は急坂な曲がりくねった山道を御輿を担いで下る最大の難所だ。

    坂元では鬼面をかぶった子どもたちがご巡幸を出迎えた。


    ご巡幸風景動画

  • <・・・more→web版 く御崎祭り>
  • 鉤引き祭り

    鹿屋市中津神社鉤引き祭り
    大隅半島の各地では新暦の2月から3月にかけて各地の神社を中心に、その年の豊作を祈願して春祭りが行われる。二本の股木を互いにひっかけて引き合う勇壮な祭りだ。相手の木を自分に陣地に引き込めば勝ちとなり、豊作が約束されるという。る。豊凶を占うカギヒキ祭りは他にもあり、大隅地方独特の春祭り祭り風景だ。五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願う伝統行事で300年以上の歴史を持ち、鹿屋市無形民族文化材に指定されている。

    上高隈と下高隈に分かれて熱戦が繰り広げられた。

    かぎ引き風景

    最後は餅まきが行われ、拾った餅を見せ合ったり、分け合ったり境内は終始、明るい笑い声に包まれていた。
    鉤引き祭りに伴う行事として田起こし、代かき(木牛を使う)、播種(餅まき)行事が行われた。

    かぎ引き祭り動画編

  • <・・・more→web版 く鉤引き祭り>
  • 正月踊り

    志布志市安楽正月踊り
    正月踊りは志布志市志布志の安楽(あんらく)山宮神社と安楽(やすら)神社で豊漁と豊作を祈願して行われる春祭り行事のひとつだ。黒のお高祖頭巾に黒紋付、黒の手甲脚絆に黒の足袋といういでたちで、黒装束に身を固め、腰に手拭、サルノコ人形をさげて踊る珍しい踊りである。安楽正月踊り保存会によって継承され、県の無形文化財に指定されている。

    山宮神社境内での踊り風景

    ユーモラスな田の神も登場して踊りを盛り上げる

    くしら二十三や市

    江戸時代から続く伝統市「くしら二十三や市」
    大隅地区新春恒例のくしら名物「くしら二十三や市(にじゅうさんやいち)」は、地元の特産品や陶器、刃物、農具、竹細工等の生活実用品のほか、日用雑貨、地元特産品など県内外から約300店舗が軒を並べる。市は江戸時代後期の天保年間から旧暦の12月23日に正月用品の物々交換の場として始まった。戦後一時途絶えた時期があったが1952年(昭和27年)に復活。毎年1月末に開催され、春の訪れを告げる大隅路の風物詩となっている。特に、植木市や陶器市は昔ながらの人気があり、二十三や市の名物だ。二十三や市では剣道大会や音楽パレード、太鼓の演奏、歌謡ショー等、多彩な催しが市を盛り上げる。2013/01/26更新



    江戸時代からの長い歴史と伝統を持つ串良の二十三や市は、木市や地元の特産品、陶器、刃物、農具、竹細工等の店舗等、県内外から約300の露店が並び、たくさんの人出で賑わう。


    沿道木市の草花が南国の一足早い春の訪れを感じさせてくれる。


    沿道の植木・苗木市の風景


    昔ながらの陶器市は二十三や市の名物だ。


    手作りの竹細工製品や安くて実用的な製品を求めて訪れる人が多い。


    舞台では太鼓、踊り、歌謡ショー、カンパチ解体ショー等が
    開かれる

  • <・・・more→web版 くしら二十三や市>